百周年時計台記念館に銘板を掲示します

京都大学基金ではご寄付をいただいた皆様への感謝の意を込め、 寄付金額の累計に応じてご芳名をしるした銘板を、大正14年(1925年)に 完成し、京都大学のシンボルである時計台(現・百周年時計台記念館)の1階、 京大サロンに設置する「京都大学基金寄附者銘板」に掲載し、 末永く顕彰させていただきます。

銘板掲示は2014年8月2日(土)公開予定です。
なお、お名前の公表を希望されない方につきましては、掲載いたしません。

銘板の種類など、詳しくはこちらをご覧ください。