本学と公益財団法人稲盛財団は「京都こころ会議(Kokoro Initiative)」に関する寄付同意書を締結しました(2015年4月14日)

 本学では、このたび公益財団法人稲盛財団からのご支援を受けて「京都こころ会議(Kokoro Initiative)」を実施することとなり、そのご支援に関する寄付調印式を挙行いたしました。
 本学と公益財団法人稲盛財団は、2003年より5年間、「京都文化会議」を京都府と共に開催し、こころの重要性について様々な提言を行ってきました。ま た、京都文化会議の精神と討議を継承した、京都大学「こころの未来研究センター」の設立とその後の研究活動の支援も継続して行っています。
 本寄付同意書では、これらの経緯を踏まえて、人のこころがいかに大切なものであるかを改めて問い直し、その理解と実践を促進するための提言を、京都より 世界に向けて発信することを目的として、本学が「こころの未来研究センター」を中心として新たに取り組む「京都こころ会議(Kokoro Initiative)」を実施し、公益財団法人稲盛財団に、その活動を2015年より6年間にわたり毎年1,500万円、総額9,000万円支援いただ くこととしています。
 調印式には、公益財団法人稲盛財団からは、稲盛和夫 理事長、稲盛豊実 専務理事、檜物省一 事務局長、姫田和仁 事務局次長が出席され、本学からは、山極壽一 総長、吉川左紀子 こころの未来研究センター長、河合俊雄 こころの未来研究センター教授が出席し、山極総長と稲盛理事長が寄付同意書に署名しました。
 「京都こころ会議(Kokoro Initiative)」の具体的な取り組みは、「こころの未来研究センター」を中心とした本学の全学的な運営委員会と本学の研究者、国内外の招聘研究 者、芸術家、企業家などの参加による年4回程度の「こころ研究会」の開催、「こころとは何か」を問う「京都こころ会議」や「国際京都こころ会議」の開催、 及び「こころ研究会」等の成果を日本語、英語でそれぞれ出版することとしており、第1回「京都こころ会議」(こころとは何か? — その歴史性)(仮)を 9月13日(日)に京都で開催する予定です。

署名した同意書を手に握手を交わす稲盛理事長(左)と山極総長(右)
稲盛理事長
 
山極総長
吉川センター長
 
河合教授
集合写真