京大生の“学びたい”を応援する奨学金制度「CES」が始動

 京都大学基金 企業寄付奨学金制度、その名も「CES:Kyoto U.Fund-Corporation Endowed Scholarships」とは、本学卒業生が活躍する民間企業からの寄付に基づき、学業優秀な学生が、経済的理由で修学を断念することがないよう支援する給付型奨学金です。CESでは寄付者との交流会を開催し、奨学生が各界で活躍する卒業生たちの姿に身近に触れる機会を設けているなどの特徴があります。

 さまざまな経済事情を抱える学生が増え、質の高い教育に誰もがアクセスできる環境づくりが求められる中、給付型奨学金の必要性は高まっています。大学としても、独自の奨学金制度を充実させることが急務となっていることから、本学卒業生のご協力を得て、2017(平成29)年度に本制度を設置しました。
 2年目は新たに5社が加わり、12社よりご協力いただいています。

 京都大学基金にとって、卒業生と大学との架け橋となって、両者が一緒に学生を支えていけるような枠組みをつくることは重要な役割です。今後もCESを拡充させ、さらなる学生支援の充実に注力していく予定です。


奨学生募集を呼びかけるポスター


■寄付企業(50音順)