京都大学基金に「京都大学貴重資料デジタルアーカイブ基金」を設置しました

 このたび、本学が所蔵する貴重資料の修復、デジタル化と公開を進めるために活用される「京都大学貴重資料デジタルアーカイブ基金」を新たに設置しました。

 古典籍資料にしるされた先人の叡智を共有して未来へ伝え継ぐために役立てられます。

 新しく加わった「京都大学貴重資料デジタルアーカイブ基金」につきましても、ご支援・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 「京都大学貴重資料デジタルアーカイブ基金」についてはこちらをご覧ください。