京都大学学生チャレンジコンテスト(SPEC:Student Projects for Enhancing Creativity)

教えと学びのプラットフォーム

大学生どうしのスキル交換サービス。手軽に楽しく教え学び合いながら、誰もが自信の持てる社会へ
申請団体:Starport.com 代表者:経済学部3回生 鷲見 まどか
代表者:経済学部3回生 鷲見 まどか

 私たちが目指すのは、大学生の有り余る才能をマッチングさせることで、誰もが新たな刺激を受けたり与えられたりできる世界。英語を学びたいと思っている麻雀サークルの人と、麻雀を始めてみたいと思っている帰国子女を、オンライン上でマッチングさせるといった、「スキルのシェアリングエコノミー」です。スキマ時間にどこでも簡単に新たなことが学べ、自分の“得意”を活用しながら教えることで、さらなるスキルアップを図れる。双方が有意義で成長できる場の提供を目指します。


 第一段階のターゲットは、「京大生を中心とする大学生」です。大学生は「知らない人に出会う」ことに対するハードルが低く、「安さ」へのニーズがあり、「大学」という公共のスペースを持っているからです。評価やコメントにより透明化を図り、場所を大学構内に限定することで、マッチング後のトラブルなどのリスクを回避するとともに、質を維持します。

 認知度獲得後は、ターゲット層をビジネスマンや主婦層に拡大し、有料化によるマッチングも可能とします。新しいことを始めたいけれど高価なスクールには通えない、という多くの人が抱える悩みを解決していきたいと思います。

 主体的に人に何かを教え、新しいことを学ぶことで他人に認められる。それらは自信と活力につながります。誰もが個性や強みを伸ばしながら、自信を持てる社会の実現こそ、本プロジェクトのビジョンです。