HOW TO

遺産のご寄付

京都大学では「遺言によるご寄付(遺贈)」と「相続財産のご寄付」の受け入れを行っています。
弁護士や税理士などの専門家や金融機関をご紹介することも可能ですので、お気軽にご相談ください。


京都大学が提携している金融機関のセミナー動画をご覧いただけます。
相続・遺言等にご興味のある方はこちらもぜひご活用ください。
三菱UFJ信託銀行「相続のいろは」についてはこちら


遺言によるご寄付(遺贈)

遺言書をつくり、所有されている資産を特定の人や団体へ寄付することを「遺贈」といいます。
財産の受取人として「京都大学基金」をご指定いただくことにより、教育・研究という活動を通じて「知を生み出し、人材を育成する」ことにつながります。

相続税について

遺贈により取得された財産を相続税の申告期限までに京都大学に寄付した場合、その寄付金額には相続税が課税されません。
京都大学が発行する「寄附金領収証書」を添付のうえ、相続税の申告をお願いいたします。

遺言によるご寄付(遺贈)の流れ

【京都大学へ】

ご相談・ご紹介 まずは京都大学基金事務局へご相談ください。
内容をお聞きしたうえで、ご希望により提携金融機関または専門家(弁護士、司法書士、税理士など)をご紹介いたします。
提携金融機関へ直接ご相談いただくことも可能です。
その際は京都大学基金ホームページをご覧になった旨をお伝えください。
提携金融機関はこちらをご覧ください。
【提携金融機関・専門家へ】

遺言書作成に関するご相談 金融機関・専門家が遺贈を含め遺言書作成に関するご相談をお受けします。
遺言書の作成・保管 金融機関・専門家が遺言書を作成します。
遺言書の作成・保管には所定の手数料が必要です。
遺言の執行 通知人からの連絡により、遺言執行者が遺言内容を執行します。
通知人、遺言執行者については下記の「遺言書の作成について」をご参照ください。
大学への遺贈財産の
お引き渡し
遺言執行者から京都大学へ、遺贈財産をお引き渡しいただきます。
【京都大学より】

ご寄付の受け入れ・
領収証書の発行
ご寄付いただいた財産を、大学にて大切に活用いたします。
領収証書を発行いたします。

※遺言書により京都大学基金へご支援いただく際の受遺者の名称は下記の通りです。
 名称:国立大学法人京都大学
 寄付名称:京都大学基金

遺言書の作成について

確実にご意思を実現するために「遺言執行者」と「通知人」を定めていただくようお願いいたします。
「遺言執行者」とは、遺言書の内容を実現するため、遺言執行時に不動産の名義変更手続きや金融機関での手続きを行う方のことで、遺言書の中で指定することができます。複雑な手続きが多いため、専門家へ就任を依頼することをお勧めしています。
「通知人」とは、ご逝去されたことを遺言執行者へ連絡される方で、あらかじめ定めていただくことで遺言執行手続きを進めることができます。ご家族や友人など信頼できる方を通知人として定め、手順を確認しておくことをお勧めします。


相続財産のご寄付

故人のご遺志を継がれ、ご家族が相続された財産から大学へご寄付いただくことができます。
まずはお気軽に京都大学基金事務局へご相談ください。

・相続税について
期限内(被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10 カ月以内)に寄付され、大学が発行する証明書等を添えて相続税の申告を行えば、ご寄付いただいた財産に相続税は課税されません。



お問い合わせ先

〒606-8501
京都市左京区吉田本町
京都大学基金事務局
TEL:075-753-2210
FAX:075-753-2286

下記のお問い合わせフォームからもご相談を承ります。