開く

京都大学基金

寄付する

大学院横断教育プログラム推進基金

産学官にわたり活躍できる
高度な「知のプロフェッショナル」の育成のために


 大学院横断教育プログラム推進センターは、研究科を横断する大学院教育プログラムの運営組織として2018(平成30)年に設置されました。
 博士課程教育リーディングプログラムや卓越大学院プログラムなど、専門分野の枠を超えた新しい教育プログラムに関する企画・運営を実施するほか、プログラムの評価や世界に通用する質の保証などを行っています。
 大学院を横断して実施される教育プログラムの場合、履修者は入学した各研究科の教育課程だけでなく、各横断教育プログラムの教育課程にも日夜、取り組む必要があり、学費や生活費のためのアルバイト時間を確保することが困難となっています。
 また、これらの横断プログラムでは、インターンシップや海外留学などが組まれており、そのための資金援助も必要です。
 そこで、履修者の修学支援等を目的として本基金を設立しました。
 本基金を活用して学生への支援体制を拡充し、各研究科や横断教育プログラムを積極的に履修できる環境を整えます。
 同時に、本センターでは教育プログラムを社会とのミスマッチのない、よりニーズに的確に応えるものへ発展させることで、広く産学官にわたりグローバルに活躍できる人材の輩出を目指します。
項目 内容
研究支援
給付型奨学金の支給
インターンシップ、海外留学等の支援
教育プログラムの運営支援
社会貢献活動
公開講座・講演会等の開催

大学院横断教育プログラム推進センターのホームページはこちらをご覧ください。