GENERAL PURPOSE FUND

霊長類研究基金

日本生まれの「霊長類学」をさらに発展させ、次の世代に継承するために

 戦後間もない1947(昭和22)年、今西錦司らが宮崎県幸島で野生のサルの研究を開始したことが、日本の霊長類学の幕開けであり、「日本方式」の霊長類社会生態学が世界に広まるきっかけになりました。こうして始まった霊長類学について、1967(昭和42)年に、京都大学では霊長類研究所を設置して形態学や生理学などを含む総合的な学問領域として発展させてきました。そして2022(令和4)年に霊長類研究所は組織を改編し、フィールド研究等の分野を学内関係部局と統合するとともに、脳科学研究を主とする実験的研究等を担う新組織としてヒト行動進化研究センターを設置し、霊長類学を大学全体で推進する体制となりました。

 ヒト行動進化研究センターでは、7種、約1200頭のサル類を区分けして専用の施設で飼育しています。サル類およびそこから派生した細胞や骨格標本等の研究リソースを活用し、実験的に「ヒトとは何か」という問いに答える研究を推進しています。それと同時に、広く霊長類学に携わる国内外の研究者の活動支援や、新たな研究リソースの創生・管理・供給、社会への情報発信を行っています。サル類を中心とした研究リソースの維持管理には大掛かりな設備を要し、福祉上もほかの実験動物に比べて特段の配慮が必要です。しかしながら、飼育施設の狭隘化や老朽化が進行し、維持管理に苦慮する状況となっています。

 また、霊長類研究では、サル類の寿命は比較的長いため、科学研究費助成事業などの短期(3~5年)の競争的研究費をつなぎ合わせて研究を行っていくことにも限界があります。

 こうした状況を打開するため、京都大学基金の中に霊長類研究基金を設けています。広く皆様のご理解とご支援をお願いいたします。

基金の使途

項 目

内 容

霊長類飼育施設の整備

老朽化の著しい保飼管理施設猿居室棟やサル類放飼実験施設等の整備

霊長類研究施設の整備

実験研究棟や本館内の老朽研究施設の整備

社会貢献活動

出前授業、市民公開、地域小中高教員見学会等の活動

ヒト行動進化研究センターホームページは
こちらをご覧ください。

大学全体への寄付に関する詳細に関しては
こちらをご覧ください。