開く

京都大学基金

寄付する

アジア研究基金

アジア研究推進によるアジア諸国との学術相互交流、人材育成、成果の国際発信の強化

 京都大学東南アジア地域研究研究所は、東南アジア研究所と地域研究統合情報センターが統合し、2017年から新たに出発します。これまで以上に幅広い研究分野の協力を得て、50年を超える東南アジアに関する総合的研究成果と世界諸地域を対象とした地域情報の蓄積、アカデミズムを超えた研究の拡がりを統合し、フィールドからの発想、多様な地域社会の活力を導き出す構想、自然環境と調和した人類社会を目指す展望を、世界に向けて発信していきます。成長著しいアジア諸国の研究者・研究機関との学術パートナーシップを強化し、既成の学問分野を越えた新しい知の枠組みを作り上げることを目指します。

 アジア研究を志す国内外の若手研究者にとって、自主的に研究調査や交流を実施するための支援体制は未だ十分とはいえません。また、国際的な成果発信が求 められる中で、まとまった成果を出版するための支援も限られています。東南アジア研究所が構築してきた研究交流の国際ネットワークや学術誌・叢書などの研 究発表の場を有効に活用し、アジアを中心とする学術交流強化、人材育成、研究成果の国際発信につなげるために、このたび「アジア研究基金」を創設しまし た。

 アジア研究基金は、アジア研究に携わる次代を担う若手研究者の研究および交流を支援することで、地域の人材を育成し、アジア諸国と の学術パートナーシップを強化することを目指します。それにより、東南アジア研究所をハブとする、アジアに根差した学際的研究を推進します。また、アジア から成果を発信し、そのオリジナリティと学術的真価を世界に問うために、活用していきます。
 


基金の使途

項目 内容
若手研究者助成 わが国およびアジア諸国の若手研究者の研究活動支援
出版助成 アジア研究の学術成果の出版支援
その他 アジア研究に関わるさまざまな研究・交流活動の支援

※東南アジア研究所と地域研究統合情報センターは2017年1月に統合され、「東南アジア地域研究研究所」として発足しました。新研究所のホームページが完成次第、リンクを更新予定です。
(旧)東南アジア研究所ホームページはこちらをご覧ください。