開く

京都大学基金

寄付する

教育学研究科・教育学部基金

理論と実践を往還し、未来の教育を創造

 教育学研究科・教育学部は、1949(昭和24)年の創設以来、教育学研究の推進と研究者の養成に加え、全学の教職教育を担いながら、数多くの卓越した人材の輩出と、研究成果の現場への還元によって社会の要請に応えてきました。
 学校はもとより、地域、家庭、職場などあらゆる場面が「人間形成」の場であり、探究の対象です。本研究科・学部では、不登校・学習意欲不振生徒のための学校改善、過疎地域への地域振興提言などを行うほか、全国の教育現場の第一線で働く人々に研修の機会を提供してきました。こうした社会と連携した教育研究活動は、学生にとって、現場のリアルな問題に触れて自らの関心を見つけ、課題解決への手法を考察する実践の場ともなっています。今後も社会と連携した実践教育を行うため、安定した財政基盤として設立したのが教育学研究科・教育学部基金です。
 研究の成果を現場(フィールド)に返し、また現場での課題を教育・研究に生かしていく、「理論と実践の往還型」の教育・研究が本研究科・学部の 特色となっています。この活動を維持すべく、学生のための教育環境の整備や、公開講座等の実施や研究成果の出版による社会還元などに活用します。

基金の使途

項目 内容
教育支援 学生のための図書・教材等の購入
学生関係居室の整備・維持管理
障害学生等のための学習補助者の雇用
学生・院生の海外派遣
研究支援 研究活動基盤整備の支援
研究・学術資料の整備
公開講座・講演会等の開催
その他事業支援 京都大学教育学研究科シリーズ本の出版補助
修了生・卒業生との連携活動

教育学研究科・教育学部ホームページはこちらをご覧ください。