GENERAL PURPOSE FUND

iCeMS基金

私たちと一緒に未来を追いかけてみませんか
―「物質-細胞統合科学」の新たな開拓―

 iCeMS(アイセムス)は、2007(平成19)年に国のトップレベル研究拠点プログラム(WPI)として設立されました。以来、細胞の性質から生命現象を理解しようとする「細胞生物学」と、物質の構造を探究する「化学」の融合領域の開拓に挑み続けています。

 アイセムスは、細胞と物質を統合する新しい科学を確立するために、「基礎研究」を重視しています。社会を豊かにするイノベーションも、基礎研究に打ち込む科学者なしでは実現しません。
 これまでアイセムスは、幹細胞生物学の山中伸弥教授、配位空間化学の北川進教授、構成生物学の斎藤通紀教授など、卓越した基礎研究者を輩出してきました。さらに若手研究者も続々と価値ある成果を公表しています。このような個々の自由な研究活動を支えるためには、皆様の励ましと伴走を欠くことができません。
 アイセムスの取り組みには、基金を通してどなたでも参加していただけます。新しい基礎研究の開拓を、皆様とともに実現できればと期待しています。

 アイセムスの研究者たちは、日々、いきいきと研究に打ち込んでいます。これまでの常識にとらわれない未知の物質・材料の創出や、複雑に絡まる生命の謎を明らかにする試みなど、研究の分野は多岐にわたります。
 私たちが取り組む「基礎研究」は、人びとの暮らしにすぐに役立つものではないかもしれません。しかし、おもしろいと思ったことを地道に探求し続けることは、科学を着実に進歩させ、人類の未来につながると確信しています。
 昔に比べると科学は進歩したとはいえ、今もその謎は底無しに深く、未知の領域は果てしなく広大です。未踏の地を目指して取り組む私たちの活動に、ご理解・ご賛助いただける仲間を募集しています。私たちの挑戦の先に広がるまだ見ぬ景色を、一緒に追いかけませんか。

基金の使途

項 目

内 容

人材育成

若手研究者の雇用・海外派遣経費

研究支援

融合研究推進のための研究活動支援費

社会貢献活動

公開講座・講演会の開催
全世界に向けた研究成果の発信

物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)ホームページは
こちらをご覧ください。

大学全体への寄付に関する詳細に関しては
こちらをご覧ください。