開く

京都大学基金

寄付する

iPS細胞研究基金

iPS細胞研究の成果を一日も早く患者さんのもとへ届けるために

 所長である山中伸弥教授のグループが発明した「iPS細胞」を使った医療を実用化し、一日も早く患者さんのもとへ届けるため、多くの研究者・研究支援スタッフが日々研究活動に携わっています。具体的には、iPS細胞の技術を用いた再生医療や創薬などの新たな治療法の開発のほか、iPS細胞を通じて生命のしくみを探求する研究が進められています。

 iPS細胞の医療応用は長期にわたるプロセスであるため、優秀な研究者や研究支援スタッフを安定的に雇用する必要があります。しかし、本研究所の運営予算の約9割は期限付きの財源で賄われており、その使途も特定されています。iPS細胞研究基金は、研究者および研究支援スタッフの長期間の安定的な雇用・育成と、さまざまなリスクに対して柔軟に対応できる資金として設立されました。

 iPS細胞研究所は、iPS細胞の実用化に向け、世界トップレベルの最先端研究の推進および研究支援体制の確立を目指しています。これらのビジョンを達成するために、iPS細胞研究基金を活用することにより、国際的に通用する研究者を育成し、優秀な研究支援スタッフを長期間安定的に雇用できる体制を構築します。

  

基金の使途

項目 内容
医療応用や革新的研究の支援 再生医療の普及を目指すiPS細胞ストックプロジェクトや、iPS細胞を用いた創薬研究、革新的な研究、優れた研究などを支援します
優秀な研究者、研究支援者の確保 研究者のほか、知財・契約・広報などの優秀な研究支援スタッフを安定雇用します
知的財産(特許)の確保と維持 iPS細胞技術に関する特許を確保し、非営利研究機関には無償で提供しています
研究支援体制、研究環境改善の取り組み、情報発信・普及活動 若手の教育や人材育成、設備の維持、リスク管理、広報・基金活動などの財源として、大切に活用いたします

iPS細胞研究所ホームページはこちらをご覧ください。