開く

京都大学基金

寄付する

京大数理解析研究基金

数学・数理科学の研究を推進し、次世代を担う若手を育成


 数学は、抽象的な数、形や構造などを対象とする科学です。そのために現実の世界との関わりが薄いと考えられがちですが、実際には社会を支える基盤技術として至る所で使われています。同時に、数千年の歴史を持つ人類最古の学問の一つでありながら、現在まで常に新しい領域が開拓されている活動的な科学でもあります。京都大学数理解析研究所も、1963(昭和38)年の創立以来、いくつもの新領域を拓き多くの世界的な業績を挙げてきました。
 また、数学と、諸科学に生じる問題を数学を用いて解決を目指す数理科学とは、密接に関連し合った学問分野であり、一体として推進すべきとの考えのもと、数学と数理科学(応用数学、コンピュータサイエンス、数理物理学など)の各分野における最先端の研究を実践してきました。
 こうした本研究所の歴史を引き継いで研究力を強化し、数学・数理科学を発展させるためには、独創的な若い人たちが自由に研究できる環境づくりが、これまで以上に重要となります。その礎の一つとして本基金を設立しました。

 より柔軟な研究体制を整備して次世代を担う人材を育成し、国際共同研究の拡充を図ることで、数学・数理科学分野の発展を牽引し、成果の社会還元と世界貢献に努めていきます。

基金の使途

項目 内容
教育・研究支援
若手研究者・大学院生の支援・育成事業
国際共同研究の推進等の国際交流事業
社会貢献活動
数学・数理科学の普及活動等の広報事業

京都大学数理解析研究所ホームページはこちらをご覧ください。