開く

京都大学基金

寄付する

本庶佑有志基金(ノーベル生理学・医学賞受賞記念)

「有志竟成(ゆうしきょうせい)」
―強い志を持っていれば目標は必ず達成できる―

若手研究者の強い思いと努力を後押しするために

 2018年10月、本庶佑特別教授がノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

 本庶特別教授はかねてより、基礎医学研究の一層の加速や基礎研究に携わる研究者への支援充実の必要性を感じていたことから、今回の受賞を記念して、「有志基金」を設立しました。
 同特別教授が寄付したノーベル賞賞金を原資とし、今後、広くご寄付を募るとともに、同特別教授が製薬会社を通して受け取るPD-1阻害療法特許に関わる特許料収入などから基金を拡大していく方針です。

 本基金では、高い理想を持って研究者を目指す若手人材に対し、安定した地位と研究資金を提供できるような助成を行います。
 “有志”基金は、本庶特別教授の座右の銘である「有志竟成」から名づけられました。
 この言葉は中国の歴史書に由来し、「志を曲げることなく堅持していれば、必ず成し遂げられる。一見すると困難のようにみえても、固い信念を以て事に当れば遂には実現される」という意味を持ちます。
 本基金は、強い思いと不断の努力で研究に立ち向かう若手研究者の支援のために役立てられます。

基金の使途

項目 内容
若手研究者助成 若手研究者の人材育成のための長期にわたる給与と研究費の支援