開く

京都大学基金

寄付する

地域連携教育研究推進基金

京大における“地域志向”の教育・研究・社会貢献活動を
さらに充実発展させるために


 地域連携教育研究推進ユニットは、2013(平成25)年に文部科学省補助金プログラム「地(知)の拠点整備事業(COC事業)」に採択されました。
 本事業は、大学等が自治体と連携し、全学的に地域を志向した教育・研究・社会貢献を進める大学を支援することで、課題解決に資するさまざまな人材や情報・技術が集まる、地域コミュニティの中核的存在としての大学の機能強化を図ることを目的としています。

 当ユニットは、COC事業を展開する中で、地域志向の授業の提供、地域創生に関わる研究の推進、地域志向の学生サークルに対する支援、京都府・京都市との地域振興プロジェクト、地元NPOとの科学イベントの共催、サービスラーニングの国際キャンプの受入れ等を推進してきました。
 しかし、当事業は2018(平成30)年3月で終了し、諸般の事情から後継事業への参加がかないませんでした。
 COC事業を自力で継続すべく、大学の裁量的経費を活用し、地域志向授業の提供は続けています。しかし、地域志向活動をしている学生への支援、サービスラーニング等の国際交流のための資金捻出に苦慮していることから、地域連携教育研究推進基金を設立し、本ユニットの活動をさらに一歩進める礎にしたいと考えています。

 本基金を活用し、京都の知を理解し京都に残って地域創生の戦力になり得る人材、また、京都大学で学び研究し、京都の地で新しい産業を興し、地域経済活性化や地方創生を担える人材を育てていきます。
項目 内容
教育支援
地域志向科目の提供
研究支援
地域志向研究の推進、地方創生関連研究の推進
社会貢献活動
京都府・京都市との連携プロジェクトの推進支援(京都市とのジュニアキャンパス等)
学生の地域志向活動(こども食堂、Genius Table、着物企画等)
その他
地域連携事業の推進に必要な経費

地域連携教育研究推進ユニットのホームページはこちらをご覧ください。